2017年8月15日火曜日

■「UCI의『天一國 二代王의 問題』分析」權寧畢敎授




2017年8月
權寧畢(권영필・クォンニョンピル)敎授
■「UCI의『天一國 二代王의 問題』分析」

1 ●참家庭은 아담家庭의 失敗를 復歸
真の家庭はアダム家庭の失敗を復帰
(日本語字幕7分)
https://youtu.be/Zx6DyJ1KZTo

2 ●世界會長님이 어머니 神格化에 協力
世界会長がオモニ神格化に協力
(日本語字幕6分)
https://youtu.be/MgY-PQJ7coI

3 ●聖和前과 聖和後의 참어머니
聖和前と聖和後のオモニム
(日本語字幕2分半)
https://youtu.be/iQtkxHrqkqY

4 ●天正宮을 떠나게 된 亨進任
天正宮を去ることになった亨進ニム
(日本語字幕,2分)
https://youtu.be/0ai7lc06BbI

5 ●顯進任의 長子權을 認定하지 않는다
顯進ニムの長子権を認定しない
(日本語字幕,6分)
https://youtu.be/qWBkUK8zrx4

6 ●天一国二代王権に対する不満
(日本語字幕,4分)
https://youtu.be/yX69ZdK6hcw

▼UCIの「天一国二代王の問題」分析
日本語받아쓰기


UCIが「天一国二代王の問題」というビデオを撮ってユーチューブにアップしました。二代王である文亨進任(ムンヒョンジンニム)を非難するビデオを多くの人に見せたいようです。
UCI:旧ユニフィケーション チャーチ インターナショナル(国際統一教財団)=顯進派


▼内容の要旨は、


▲七男文亨進任がオモニムと謀議(ぼうぎ)して、長子である文顕進任(ムンヒョンジンニム)を追い出して後継者の座を奪った。


▲また、亨進任がオモニムと謀議してオモニムを神格化させることにより家庭聯合とオモニムを破綻させた主犯だ。


▲そして今になってオモニムを非難している。だから、三男文顕進任の長子権を再び復帰させて、オモニムを救うべきだ。


UCIはこのように主張しています。


アボニムの聖和前に天正宮の内部で起きた事件についてよく知らない人がそれを聞いたら、そのかなと思います。


しかし、「天一国二代王の問題」のビデオを詳しく見たら、事実が非常に歪曲されていてある目的を持って論理的に展開させているので、原理的や常識的に合わない部分がたくさんあることを知ることができます。


私も最初はその映像を見て、あのように主張をするのだなあと、ただ無視しようとしましたが、天一国二代王任(イデワンニム・にだいおうさま)に直接的攻撃を加えていたため、そこに対する適切な主張をしなければ、(UCIが)自分の主張が正しいと確信するので、間違った点を指摘する必要があると思います。


最初はその映像を見るといい気持ちはしませんでしたが、よく考えてみると、そうとも思えません。この機会を通じて基元節後に天正宮を去ることになった二代王文亨進任の詳しいその内容と、世界平和統一聖殿の立場を正しく理解させることのできる良い機会だと思われます。それで「UCIの天一国二代王の問題分析」という題名を持ってお話ししようと思います。


■ UCIの「天一国二代王の問題」分析

1 ●真の家庭はアダム家庭の失敗を復帰…について


UCIでは真の家庭はアダム家庭の失敗を復帰しなければならない。 このように話しています。


(UCIは)第一に、ヘワ(エバ)の主管性転倒を正さなければならない。


二番目にハナニムとチャムアボニムが長子権を立てたら長子を中心として家族の構成員が一丸とならなければならない。このように話しています。
真の母の失敗はヘワの主管性転倒の繰り返しだという主張に対して彼ら(UCI)は、アダム家庭の失敗を復帰するそのような主体を、ヘワの主管性転倒を正さなければならないヘワとその次に長子が長子を中心とし、アダム家庭の失敗を復帰しなければならない…このように主張しています。


この内容の問題点は何かというと、救援摂理におけるメシアの役割を削除したことです。


復帰摂理の中心人物はメシアであり、チャムアボニム(真の御父様)です。


しかし、ここでアダム家庭の失敗を復帰するとしながら、ここで復帰摂理の中心人物であるメシアであるアボニムをここで削除してしまいました。


それだから、アダム家庭の失敗を復帰する家庭は、チャムアボニムの復帰摂理に真の家庭が絶対信仰、絶対愛、絶対服従で従わなければならないのです。


彼らは、「アダム家庭の失敗が真の家庭で繰り返されている」と主張します。


第一に、チャムオモニムにおいて主管性転倒が再現されたと主張しています。 主管性転倒は、堕落したヘワがアダムを誘って…アダムとヘワがいずれも堕落したことを話しています。 彼らは、(オモニムが)独生女、女メシア、オモニハナニムを主張しチャムアボニムの血統と権威を否定してオモニムが自分の血統を高め、(オモニムが)チャムアボニムの御言葉と伝統と御旨を破壊しており、家庭聯合がチャムアボニムの摂理機関ではなく、独生女教(ドクセンニョ きょう)に変質されている。これを主張しています。 これを主管性転倒と話しています。


しかし、これは主観性転倒ではありません。なぜなら、これはチャムオモニムが対象としての位置を離脱したことであり、真のヘワ(エバ)の立場である真の母がチャムアボニムを主管したことが繰り返されたのではないということです。


チャムアボニム(真の御父様)は、オモニムから主管されてはいないのです。 勝利されました。チャムアボニムはハナニム(神様)王権樹立を勝利されて、萬王の王、天地人チャンプモ(真の父母)として勝利なさり、また三代王権を樹立されました。チャムアボニムはすべての御旨を成して勝利して霊界へと逝かれたのです。


しかし、チャムアボニムの聖和後はチャムアボニムの対象であるチャムオモニが自分の位置を離脱したのです。 これが失敗したということです。そして摂理機関である家庭聯合が独生女教に変質されたこと、これが失敗です。


このようにチャムオモニの位置にいた韓氏オモニと家庭聯合が本来の位置を離脱して失敗したのであり、これはチャムアボニムのメシアの使命にいかなる影響をも及ぼしたのではありません。


チャムアボニムはメシアの使命を全うして聖和されました。代身者、相続者、後継者、三代王権を全部立てて勝利して行かれました。


その次に家庭聯合は摂理機関として失敗をしましたが、世界平和統一聖殿がチャムアボニムの御言葉と伝統と御旨を引き続き発展させています。 したがって、天一国は三代王権を通じてなされるようになっています。


ですから、これはヘワ(エバ)の主管性転倒ではなく、韓氏オモニの個人の失敗であり、摂理機関である家庭聯合の失敗であって、メシアであるチャムアボニムの摂理が失敗したのではないということです。
2 ●二代王様がオモニムの主管性転倒に協力したという主張について
UCIではチャムオモニムの主管性転倒に文亨進世界会長が協力したと主張しています。


それで(亨進任が)韓鶴子オモニムについて「完成したヘワ、真の父母だ、一体完成の昼の神様」、このように主張したといいます。


なので、文亨進世界会長がそのように主管性転倒するように協力しておいて、今になってオモニムを攻撃して人格殺人をしていると主張しています。


彼らが言うには、オモニムの古希(こき)記念「チャムアボニムの生涯路程の発刊の辞」があります。


そこに、「最も偉大なのは人間の祖先堕落後、完成したヘワ(エバ)としてチャムアボニムと夫婦一体を成して人類の歴史以来一度も存在しなかったチャムオモニ(真の母)像を確立されたものです」…このように文亨進任が言われたと話しています。


その次にまた、生涯路程265ページでは、


「チャムアボニムが絶対信仰、絶対愛、絶対服従を通じて夜の神様と最終的な一体を成したように、チャムオモニムも絶対信仰、絶対愛、絶対服従を通じてチャムアボニムと最終一体を成し遂げ、結果的にチャンプモ(真の父母)の御二人が昼の神様になった」(チャムオモニムの生涯路程265ページ)


このように言ったと主張しています。


また、「基元節の勝利の為の世界指導者特別集会」で文亨進世界会長が言われたことです。 これは…、


「2006年6月13日行われた天正宮戴冠式を神様と真の父母様が一体を成して挙行されたので、神様が真の父母の体を使い、有形に顕現され、神様と真の父母をこれ以上区別できない新しい時代が開かれることになりました。 チャムアボニムと最終的な完全統一一体を完成させて昼の神様として、チャムアボニムとチャムオモニムの御二人の間にはこれ以上の間隙がない聖体になられたのでチャムオモニムは御一人ではありません。」


このようにチャムアボニムの聖和以降に文亨進世界会長が言われました。
しかし、これは文亨進任がチャムオモニムの神格化を謀(はか)っていたのではなく、これはチャムアボニムの御言葉です。


2006年天正宮への入宮戴冠式と2010年真の父母様最終一体権奉献はチャムアボニムの摂理です。すべての行事はチャムアボニムが計画して主管されたのです。


そして真の父母様は無形の神様の代身した実体です。なので、神様がメシアとしてチャムアボニムをお送りになり、アボニムが真の父母の位置に上がって無形の神様の代身として実体としてこの地におられるのです。


そしてそのチャンプモニム(真の父母様)が、聖和後は霊界に行かれるのですが、霊界でも無形の神様は見える方ではないために、真の父母様が霊界の無形の神様を代身するそのような位置で霊界と地上界を治理(ちり)される(=治める)ようになることです。


それで文亨進世界会長はチャンプモニム(真の父母様)の御旨と教えによっておっしゃったのです。チャンプモニム(真の父母様)が教えて下さったとおり言われたのです。本人がチャムアボニムを神格化させるために話されたのではないというのです。


もし基元節を勝利することになっていたら、チャンプモニム(真の父母様)御二人は完全統一体を成してチャンプモニム(真の父母様)一体完成がなされたでしょう。


それでハナニム(神様)の代身として、実体として地上界と霊界を治められたと思います。


しかし、韓鶴子(ハンハクジャ)オモニムが基元節まで絶対対象の位置を守れず離脱することで、基元節を勝利的に迎えられず失敗をするようになったのです。


UCIでは、「文亨進世界会長は『オモニ ハナニム』という話をした」…このように主張しています。


「オモニ ハナニム」という話は古希記念文集に出ているのに「オモニ ハナニム」という用語は真の御父様も書いたことがなく、世界会長も書いたことがなく、家庭聯合で当時なかったそのような用語です。 古希記念文集の付録に「オモニ ハナニム」という単語が入っていることを世界会長も、後で知ることになったそうです。


当時、チャムオモニム(真の御母様)古希文集発刊はすべてが協会主管で行われたのです。ですから、発刊辞を誰が書いたのか当時の協会長に聞いてみるとよいと思います。あるいは、当時発刊の責任だった成和社の責任者に聞いてみたらよいと思います。


このような事実と見ると家臣グループによってその当時からオモニの神格化が隠密に推進されていたということを後で悟るようになりました。
3 ●聖和の前と聖和後のチャムオモニ(真の母)の変化
聖和前には韓鶴子オモニムはチャムオモニ(真の母)として勝利した方でした。チャムアボニムの絶対対象の位置を守っておられました。


チャムアボニムに絶対服従して侍っていたそのような方です。 そして14人の子供、神の血統をチャムアボニムに産んで差し上げました。


そして母子協力を通じて長子を立てました。聖和前にはチャムオモニム(真の御母様)として御自身の役割を勝利されたのです。


しかし、チャムアボニムの聖和後に韓氏オモニが堕落した韓氏オモニに変化しました。


なぜなら、代身者、相続者、後継者の座を奪ったからです。


その次にはチャムアボニムの御言葉と伝統と御旨を変質させてしまいました。


その次に自ら自分を独生女、女メシア、母なる神様と称するようになりました。


チャムアボニムはオモニムの完成は2013年6月までだとこのようにおっしゃいました。


しかし、アボニムの聖和後に韓鶴子オモニムは自ら絶対対象の位置を離れて基元節を失敗することになったのです。


そのためにUCIは前後関係をよく把握して正確に判断した後に批判しなければなりません。 文亨進任がチャムアボニムに関する話は(オモニが)チャムアボニムを背信する前に言った御言葉です。


UCIは2009年以降に真のご父母様を離れて外部の目で見て誤解し、その間、天正宮で発生したことをきちんと判断することに限界があるのです。

外から見ているので、前後の内容が分からなく、恣意(しい)的に判断して、むやみに暴言をはいています。 UCIは正確に調べてそして判断しなければなりません。 知らないくせにむやみに声を張り上げているのは馬鹿なことです。


4 ●天正宮を去ることになった亨進ニム


文亨進任と文國進任は基元節が失敗すると二人は荒野へ去ることになりました。


文亨進任と國進任は堕落した韓氏オモニを悔い改めさせようとすべての努力を傾けてきました。しかし、基元節を通じて家庭聯合もチャムアボニムの御旨を完全に離脱し、独生女(ドクセンニョ)に仕える宗教に変質しました。


このように、基元節に失敗することになると文亨進任と文國進任はチャムアボニムの御言葉と伝統を守るために、三代王権を守り天一国を打ち立てるために、御二人はすべてを置いて天正宮を離れ、荒野に入ることになったのです。
5 ●文顯進任の長子権を認めないという不満
UCIでは当時文亨進世界会長が文顯進会長の長子権を認めないと不満を言っています。 彼らが言うには、「長子権を持った息子が立てられれば、彼をして、家庭全体が神様の血統と主権を代表するものとし、チャムアボニムの使命と権限を代表する方として侍り、一つとなることにより、自然に真の愛の本然的秩序が立てられるべきであった。ところが、文亨進世界会長が長子権を認めないことにより、これが破壊された」…とこのように主張しています。


しかし、私たちが明らかにしなければならないのは、文顯進会長は長子ではありません。 彼は三男です。 私たちが文顯進会長を呼ぶ時、三男顯進任と呼びますし、長男顯進任と呼んだことがありません。 三男です。


ただし、長子文孝進任と次男興進任が聖和したから、文顯進任は息子として年長者です。


ただ、年長者という理由だけで無条件にチャムアボニムの使命と権限を代表した神様の血統と主権を代表する…というのは事理(じり)に合わない話です。


文亨進任の後継者冊封(さくほう)について多くの不満を示しています。 三男顯進任がチャムアボニムのすべてを相続しなければならないのに、アダム家庭の失敗を終わらせて、真の家庭が勝利できるのだが、オモニムが長子権を無視して、顯進任が南米巡回する際、密かに奇襲的に七男亨進任を統一家の責任者に立てた。


さくほう【冊封】:冊(=任命書)をもって爵位を授けること。


このように不満を吐露しています。「密かに奇襲的に」…これはチャムアボニムを冒涜する発言です。 文亨進任を後継者に冊封した方はチャムアボニムです。


しかし、「密かに奇襲的に統一家の責任者に立てた」…これは不法的に立てたという話になります。


統一教のすべての組織や摂理の責任者を立てている方はまさにチャムアボニムです。 誰も口出しできません。 三男文顯進任が決めることができる内容ではありません。 これはチャムアボニムの固有権限です。


その次に、末っ子は父親の後継者になれないのに七男亨進任とオモニムが謀議して真の父母様宣布文を作って発表したと主張しています。


ぼうぎ【謀議】:はかりごとの相談をすること。特に、犯罪の計画。


これもアボニムを侮辱する発言です。宣布文を直接書いてくださり、また後に3回にわたって王冠をかぶせてくださった方もチャムアボニムなのですが、チャムアボニムは、後継者になれない人を後継者に立てたというそのような主張です。


「亨進任やオモニムが謀議して宣布文を書くようにした」…それではチャムアボニムは誰かが書きなさいと言うと書いて、誰かがしなさいと言えばする、そのような方だというのはこれはチャムアボニムを冒涜するような発言です。 UCIが真正にチャムアボニムをメシア萬王の王として信じている団体かどうか問いたいです。


三番目…、2010年宣布文事件は、顯進任の長子権を崩し、(亨進任)自身が後継者になるための詐欺劇だった。(UCIは)このように話しています。


だったら、宣布文を直接書いたチャムアボニムは詐欺劇の主人だ、主演だったというそんな話ですよ。いくら宣布文を否定したいからと言って、チャムアボニムについて詐欺劇を犯した。…このような暴言をしてもいいのでしょうか。


これを見て、UCIは文顯進会長を追従する団体かもしれませんが、チャムアボニムをメシアとして迎える団体ではありません。チャムアボニムに侍るふり、チャムアボニムの為だというふり、偽善をするなというのです。


UCIは、ただひたすら、チャムアボニムの宣布文に従わなければなりません。

6 ●その6 "天一国二代王権に対するUCIの不満”


▼天一国二代王権に対するUCIの不満に対して
(UCIは)聖和3周忌の時に「天一国二代王即位式を強行した」と不満を言っています。

2015年8月にセンチュオリ教会で天一国二代王即位式がありました。

「強行」というのは反対を退け押し通すことを言います。 当時、美国(米国)センチュオリ教会では、兄任(ヒョンニム)であられる文國進任(ムンクッチンニム)が王冠を準備し文亨進任(ムンヒョンジンニム)ご夫妻に直接王冠を文國進任夫妻がかぶせて差し上げました。

これはチャムアボニムが三代王権を命じられたので、二代王として出発式をしたものです。世界平和統一聖殿で計画して進行した行事です。これはUCIで口を出す必要がないものです。干渉する必要もなく嫉妬する必要もないのです。天一国二代王の出発式は三代王権の摂理的勝利です。これに驚いて反対する者は、サタンしかいません。

▼UCI側の文亨進任(ムンヒョンジンニム)非難

UCI側で代身者文亨進任を非難しました。

第一に何かというと、神様の主権と神様の権威を侮辱し、三代王権を破壊するという罪を犯した。第二には、真の家庭の本来の秩序を崩し、真の家庭の定着を破壊したという罪を犯した。その主犯が末っ子文亨進任だ。このように主張しています。

もうあきれてしまいます。上のこの主張は正確に三男文顕進任にそのまま適用される話です。これを「盗っ人猛々しい」と言います。 一度見てみましょう。

「盗っ人猛々しい」…韓国語は「賊反荷杖(적반하장) 」
도둑이 도리어 매를 든다는 뜻으로 잘못한 사람이 아무 잘못이 없는 사람을 도리어 나무람을 이르는 말
「泥棒が反対に杖で打つ」という意味で、「まちがった人が何もまちがってない人をしかる」という意味。

第一に、チャムアボニムの御言葉に逆らって公金を持って出て行かれました。そして28個の法廷訴訟を起こしたことはチャムアボニムの主権と権威を無視したものです。
第二に、チャムアボニム⇒二代王文亨進任⇒3代王文信俊任(ムンシンジュンニム)につながる三代王権を立てて下さいましたが、これを否定するというのは三代王権を破壊しようとするものです。

その次に、万民の前に標準になるべき真の家庭に、父母-子息間の闘争と兄弟間の闘争によって真の家庭の本然の秩序を否定したことです。真の家庭が世間の嘲笑を受け、真の家庭の地位が失墜されました。真の父母の体面をつぶすことになりました。

これは文顕進任(ムンヒョンジンニム)がチャンプモニムへの拒逆(きょぎゃく)と対抗をすることにより起こった事件です。

拒逆(거역)하다:目上の人の意に背く

上で主張した全てのことは文顕進任にそのまま適用されるのであって、どうしてこれを二代王文亨進任に当てはめるのですか? もう一度内容をよく読んで見て、自ら一度よく判断してみてください。笑わせます。



0 件のコメント:

コメントを投稿